わたしについて

わたしは二人いるらしい。

 

黒のわたしと白のわたし、

わたしはそう名付けています。

 

黒のわたしは私の事が大嫌いで、常に死にたがって、自分が生まれてきたことに疑問を持っていて、あまりにもコンプレックスだらけで、自分に関わってきてくれた人が訳分からなくて、感謝してもしきれず、人から受けた愛をどうしていいのか分からずに、死ねないストレスに苛まれているわたし。

 

白のわたしは自分が少し好きで、人より一つのことだけど秀でているところを知っていて、プライドが高くて、生まれたからには生きてやるとブルーハーツの詩のような考えを持っていて、自分の死を綺麗に終わらせるために生きている。反社会的で、自分を好いて、自分を死なせないようにしている人が嫌いで、ああ、ああ、

 

私はとてつもなくめんどくさい人間なんです。

 

本当に自分でも嫌気がさすくらいにめんどくさい。

私の死にたがりはいつから生まれたんだろう。