わたしの中のきみ

 

きみの中のきみ

 

 

私との時間

 

きみの時間

 

 

長い年月

 

 

知らないきみが沢山居て、

知られてないわたしが沢山居て、

知らないきみは今のきみとはあまりにも違って、

知られてないわたしは今のわたしとあまりに一緒で

 

なんだか知らないきみを知ってる人が羨ましくて、わたしも同じ時間同じ時を一緒に過ごして、もっときみを知りたかった

 

昔のきみはどんな人間だっただろう、今のきみとはかなり違って、当時にわたしと会っていても、見向きもされなかったと思うし、しなかったと思うね

 

なんだか変わった今のきみのほうが元気はないけれど、今のきみと出会えてよかったよ。

 

でもすこし、きみはこんな顔をするのかと驚いて、あんな顔をさせたくなっちゃうね、

 

きみは無理だと言うけど、なんだか切ないね

 

時間がかかってもいいから、

きみの昔のことを教えてね