今日も鉄の箱がレールの上を走る

 

窓から見える景色は変わらず、運ばれていく人々も変わらず、

 

窓ガラスは風にさらされ、映る人々の影はどちらが本物かわからなくなって、、、

 

とけて充満した人々の熱は換気扇に吸われて、空気になった人々の意識が集まり凝縮し、また解放される

 

そんな日々を繰り返してなにがあるのだろう。

あの場でしか感動がない今これを繰り返すしか私の生きる意味はないのだろうか