目が見えないけど歩いて

わからないものをさがして

それで毎日間違えるのだ

 

あの虚の世界に

どう踏み出して どう歩けばいいのか 

それでも歩くからには

 愛しているからなのか

 

結局は人間皆自分なのか